買ってみた

買ったもののレビュー、色々な資格取得の体験をメインにしたいと思います。

靴の手入れおすすめ用品

投稿日:

shoecare

普段使っている靴の手入れ用品を紹介したいと思います。

本気で靴磨きをするのではなく、普段からそれなりに綺麗な靴を履いていたい人向けです。

以下の紹介で重要なのは1番のブラシです。2番以降はできればやった方が良い程度です。

スポンサーリンク

1.コロニル 馬毛ブラシ

[コロニル] Collonil コロニル 馬毛ブラシ 17cmx5.4cmx4.5cm

このブラシを3本ほど持っていて2年ほど使っていますが、毛が抜けることもなく、使えなくなる様子はありません。最初見た感じでは大きすぎるかと思いましたが、使ってみるとこのくらい大きいほうが、靴のブラッシングには適しています。

持っている3本の使い方ですが、1本は靴箱の中にそのまま置いて、帰った来たらすぐに、今まで履いていた靴をこのブラシを使って、ほこりや汚れを取るようにしています。

もう1本は、手入れ用にセットにしている箱の中に入れています。最後の1本はカバン用にしています。
靴底用としては、家に転がっていた昔どこかのお店で貰ったブラシを使っています。

2.ミスターミニット ツインセットブラシ

[ミスターミニット] ツインセットブラシ(2個セット)

こちらは、豚毛のブラシで毛が黒のものと白のものの2個がセットになっています。靴クリームを塗るときに使っています。

ペネトレィトブラシというミニブラシを使っているのを良く見ますが、これを使って靴クリームを塗るのと磨くのを連続して行った方が効率良くきれいになります。

ブラシの大きさはコロニルの馬毛ブラシよりもかなり小さめです。2個あるので、黒のブラシはもちろん黒の靴に黒のクリームを塗るときに使います。白のブラシは、茶色の靴に透明なクリームを塗るのに使っています。

靴クリームを塗るのは、ブラッシングだけでは艶が無くなってしまった時なので、年に何回か気が向いたときにやるようにしています。使い方としては、ブラシの先にクリームをほんの少しつけて靴をブラッシングします。その後少し時間を空けて同じブラシでもう一度ブラッシングして終了です。

耐久性ですが、こちらも2年ほど使っていますが、最初は毛が抜けることもありましたが、それも最初だけで今のところ使えなくなる様子はありません。

3.ブートブラックの靴クリーム

[ブートブラック] BootBlack カラーシュークリーム
サフィール SAPHIR ビーズワックスファインクリーム も持っていますが、特に違いは感じません。値段もあまり変わらないので、どちらでも良いと思います。ブートブラックを作っている株式会社コロンブスは日本のメーカーです。ちなみに「ブートブラック」という商品名ですが、色は黒でだけではなく、茶色や透明など20種類以上あります。普通は黒靴用に「ブラック」、その他の色用に「ニュートラル」の2色があれば良いと思います。

4.リーガルのデリケートクリーム

買ったばかりの靴は乾燥している可能性が高いので、最初の1回だけデリケートクリームを軽く塗るようにしています。

5.乾拭き用

使い古しのTシャツやストッキング、百均のあかすりを気分で使い分けています。

スポンサーリンク

-

          

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GT2000NY

GT-2000 NEW YORK

前から足の小指の部分が痛くて困っていました。靴の幅が狭い靴を履いたときに擦れて痛くなるのだと思っていました。 しかし、普段よく履いているウォーキングシューズは3Eでかなり幅が広いのですが、それを履いて …

リーガルUチップW129CB

休日に履く革靴として、Uチップの黒25.0cmを購入しました。 コバの張り出しが小さく、すっきりした外観が気に入りました。 38,000円+税 スポンサーリンク 特徴 グッドイヤーウエルト式製法の革底 …