買ってみた

買ったもののレビュー、色々な資格取得の体験をメインにしたいと思います。

投資

米国ETF QQQ,VOO購入 2021/6/1 クリエネ続落

投稿日:


5月はアノマリー的には下がりそうでしたが、メインのVOOは月の半ばに大きめの下げがありましたが、月全体では微増という結果になり、ほっとしました。

クリエネETFは、相変わらず下げています。

スポンサーリンク

最近読んだ本

世界一やさしい米国株の教科書1年生

はちどう著

参考になった記述

コアサテライト戦術
インデックスファンドやETFをコアに、個別株をサテライトに運用しています。
割合的には、75:25になっています。

コアに組み込んでいる商品は、インデックスファンドでは、VTI、QQQ。
インデックスファンドではないものの、スマートベータという新しい指数に連動するETFでは、VYM。

サテライト資産には、ハイリスク・ハイリターンのアクティブ投資信託などの冒険できるものを選びます。
また、海外の個別株、REIT、IPO銘柄なども選択肢となります。

ドルの購入

SBI銀行の外貨積立で購入しました。

ドル円は先月の109.32円/$からやや円安となり、109.53円/$でした。

手数料は、1ドルあたり2銭です。

QQQ、VOOの購入

SBI証券で購入しました。

QQQは333.12(前月は336.25)ドル、VOOは385.755(前月は384.52)ドルで購入できました。

QQQは、5月中旬の下落から回復できないまま、月末を迎えました。

VOOは、中旬に下落がありましたが、月単位でみると先月より微増しました。

QQQの買付手数料は、約定代金の0.45%(税込0.495%)です。
VOOは買付手数料無料です。

保有ETFの分配金状況

HDV

3月分配金
0.882118(前年同月0.914362)4%減

QQQ

3月分配金
0.39468(前年同月0.36269)9%増

SPYD

3月分配金
0.636159(前年同月0.396187)61%増

VOO

3月分配金
1.2625(前年同月1.178)7%増

VYM

3月分配金
0.6564(前年同月0.5544)18%増

感想

なんと、HDV以外は全て増配となっています。
中でも、SPYDは驚異の61%増です。
私のETFの中では、VOOの割合が6割を占めているので、VOOが7%の増配となったことが一番嬉しいです。
年間でどーなるか楽しみです。

今回購入したETFの概略

QQQ

QQQ=インベスコQQQトラスト・シリーズ1(Invesco QQQ Trust Series 1)

QQQは、ナスダックに上場している時価総額が大きい100社(金融企業を除く)で構成されるナスダック100指数に連動する投資成果を目指としています。

経費率は0.20(年率)と投資信託等と比べ、非常に安く設定されています。

QQQ 現在利回り0.56%(前月0.56%)

分配金は、年4回入金されます。(3月、6月、9月、12月)

VOO

VOO=バンガード・S&P500 ETF(Vanguard 500 Index Fund ETF)

VOOは、米国株のうち主要な大型株500銘柄で構成されるS&P500指数に連動する投資成果を目標としています。

経費率は0.03(年率)と投資信託等と比べ、非常に安く設定されています。

VOO 現在利回り1.49%(前月1.51%)

分配金は、年4回入金されます。(3月、6月、9月、12月)

2021年の運用方針

VOOは、分配金を含めたトータルリターンではなく、単純に市場価格で考えても、2010年約100ドルから2015年で約200ドルと5年間で2倍になっています。
また、2015年の約200ドルから2020年は約300ドルで、5年間で1.5倍になっています。

QQQの市場価格は、2010年約45ドルから2015年で約100ドルと5年間で2.2倍になっています。
また、2015年の約100ドルから2020年は210ドルで、5年間で2.1倍になっています。
配当は少ないですが、VOOと比べて値上がりは大きくなっています。

安定した成長のVOOと高成長なQQQ、高配当のVYM等を組み合わせて、分配金を年間約2%受け取りながら、長期での値上がりにより、10年間でこのETF資産を約2倍以上にすることを目標にしたいと思います。

米国株資産の構成比率は、VOOを主力として全体の60%、QQQを20%、VYM等の高配当株が20%になるように投資していこうと考えています。

QQQ、VOOは、月初めに買い付けを行います。

HDV、LQD、SPYD、VYMについては、NISA口座で年初にまとめて購入します。

日本株も待っていますが、こちらは少しづつ処分したいところです。
JT株の損切で、だいぶ処分が進みました。

クリーンエネルギーETF

1月に、何回かに分けてクリエネETFを全部で50万円ほど買いました。

ICLN 取得単価 32.02・・・現在単価 22.87(先月22.91)
PBD 取得単価 39.70・・・現在単価 30.01(先月30.09)
QCLN 取得単価 85.22・・・現在単価 63.10(先月63.34)

続落により、損失が膨らんできています。
現在のところ、約21%(約10.5万円)の評価損が出ています。
完全に乗り遅れているので、処分するのが正解かもしれませんが、年末まで持っておこうと思います。

スポンサーリンク

-投資
-, ,

          

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国ETF VOO,VYM購入 2020/8/6

このところ、主力のVOOが順調に値上がりしてきているので、含み益が多くなってきています。 米国株で含み損になっているのは、ほぼSPYDのみになりました。 SPYDについては、暴落前の1月ごろにまとめて …

米国ETF QQQ,VOO購入 2021/1/7

今年は、これまで手動で積み立ててきたVYMを金額を下げて自動積立にすることにしました。 代わりに、QQQを定期購入することにしました。 QQQの比率は、現在10%程度ですが、これを20%に引き上げるこ …

米国ETF QQQ,VOO購入 2021/7/1 クリエネ上昇

6月は、メインのVOOは月の半ばに50日線にタッチするまで下がる場面はありましたが、月を通して見ると順調な上昇でした。 クリエネETFは、ついに上昇してきました。 スポンサーリンク 最近読んだ本 エル …

米国ETF QQQ,VOO購入 2021/5/3 クリエネ続落

4月は株が上がりやすいと聞いていたので、期待していましたが、上旬は順調でしたが、後半は足踏みしてしまいました。 5月はアノマリー的には下がりそうですが、どうなるでしょうか。 クリエネETFは、相変わら …

オリックス株主優待2020 お得な商品を調査(前半)

スポンサーリンク ふるさと優待Bコース価格調査 前半として、商品番号111~150まで値段を調べてみます。 価格調査はまずAmazonで検索して該当するものが無ければ楽天市場→YAHOOショッピング→ …