米国ETF VOO購入 2022/6/2 レバナス投資額798万円 含み損288万円(泣)


VOOですが、4月に続き5月も下落となり、どこまで行くのかと心配していましたが、一旦中旬で底を付けて反転してきました。

VOOの株価は、4月の終わりが378.70ドル、5月の終わりは379.68ドルなので、5月はほとんど変化ありませんでした。

米国のインフレも落ち着き、利上げも予定どおりとなれば、6月の株価は少し上がっても良い気がします。

スポンサーリンク

最近読んだ本

FIREを目指せ 最強の人生向上術 経済的自由を達成する方法

スコット・リーケンズ 著

収入も多いが、支出も多い夫婦が話し合いの上、FIREを目指した記録。

気になった記述

FIREの基本理念
自分が価値を置くもの以外にお金を使わない。
人と自分を比べず、社会で主流となっている生き方・考え方に疑問を持つ。

テイラーの父ゲイリーは、借金の怖さを娘の頭に植付、投資については「預けて、忘れてしまう」のが一番だと娘に教えた。

詳細に執着しないことが大切だ。
肝心なのは、収入より支出を少なくして余った分を投資する、という基本ルールを守ることだ。

投資をするなと言うわけではないが、貯蓄することそのものが重要だ。

リスクや株の値段を心配するのは時間の無駄。
歴史的に見て株式市場は長期的に上昇していくのだから、株を購入して、長く持っていればいい。
短期的な価格の上下によって株を売り買いする、あるいは市場の頃合いを計ろうとするのは、避けなければならない投資の失敗である。

人のために努力を惜しまず、期待はしないこと。

ドル円

ドル円は先月の130.29円/$から円高となり、129.16円/$でした。

米国ETFがメインの投資先なので、最近の円安は資産の増加につながるので今後に期待しています。
円資産とドル資産を両方持っておくことは、とても重要なことだと思います。

VOOの購入

SBI証券で購入しました。

VOOは378.210(前月は374.215)ドルで購入しました。
5月は、中旬に一旦底を付けた感じで、通してみると月初めとあまり変わりませんでした。

VOOは買付手数料無料です。

VOOの概略

VOO=バンガード・S&P500 ETF(Vanguard 500 Index Fund ETF)

VOOは、米国株のうち主要な大型株500銘柄で構成されるS&P500指数に連動する投資成果を目標としています。

経費率は0.03(年率)と投資信託等と比べ、非常に安く設定されています。

VOOの利回りはだいたい1.5%程度です。

分配金は、年4回入金されます。(3月、6月、9月、12月)

2022年の運用方針

VOO、QQQの2021年のリターンは、どちらも約29%でした。
米国ETFの毎月の定期購入ですが、投資信託でレバナスを買っているのでQQQの購入は行わず、VOOのみ月初めに購入します。

高配当ETF(HDV、SPYD、VYM)については、売却も買い増しも行わず、配当をもらい続けようと思います。

NISA口座は、年初にSP500とNASDAQの投資信託を60万円づつ購入しました。

日本株

日本株については、2021年にほとんど処分しました。

もし暴落が来たら、次の3銘柄を買い戻ししたいと考えています。
8591オリックス・・・1600円以下(株主優待は廃止されました)
8031三井物産・・・1600円以下
9433KDDI・・・2800円以下(株主優待欲しい)

レバナス(投信)

「iFreeレバレッジ NASDAQ100」に追加投資を行いました。

投資額は798万円となりました。

現在の含み損は、約288万円(約36%)となっています。(泣)

過去最大の含み損を更新しています。

最近は、毎日5,000円追加投資しています。

魔人ホールドは継続です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました