買ってみた

買ったもののレビュー、色々な資格取得の体験をメインにしたいと思います。

投資

米国ETF VOO購入 2022/4/2 レバナス投資額783万円 含み損86万円(泣) 3月分配金

投稿日:

株価は、3月上旬に底を付け、3月の終わりから戻してきました。

今回の急落の場面で、QQQはVOOと同じような株価の動きをしますが、高配当ETFはVOOの下落時でも逆に上昇したり、下落幅が小さかったりと、いわゆる”債券”のような値動きに感じました。

自分の総資産は、1月のピークから急速に減少していきましたが、今月で1月の金額を追い越しました。
株価そのものは、1月の最高値には戻っていないので、下落時の買い増しが効果があったようです。

VOOの購入については、いつものように月初めに購入しました。

含み益となっているレバナスですが、下がったら買いということで3月の中旬までがんばって追加投資しました。

年初にNISA枠で買った、SP500とNASDAQの投資信託は、含み損がほぼ無くなってきています。

スポンサーリンク

最近読んだ本

今日から始める米国株投資 超入門

松本大 著

気になった記述

ほぼ確実に進むと思われるのは円安です。
そうなると、円安でメリットを享受できる外貨建て資産に追い風の状況であるということになります。
保有資産の約30%程度をドル建て資産で保有する、というようなイメージで考えてみてはいかがでしょうか。
企業研究が好きで、それをしっかり行うだけの時間的な余裕がある人は、インデックスファンドよりも個別株企業投資のほうがおすすめです。

貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください!

大河内薫 著

現在の保有ETF割合


安定のSP500で6割、高成長が期待できるNASDAQで2割、高配当ETFで2割のポートフォリオとしています。

ドル円

ドル円は先月の114.93円/$から円安となり、122.57円/$でした。

米国ETFがメインの投資先なので、円安は資産の増加につながるので今後に期待しています。
円資産とドル資産を両方持っておくことは、とても重要なことだと思います。

VOOの購入

SBI証券で購入しました。

VOOは415.835(前月は393.46)ドルで購入しました。
短期的には、三月上旬の底値から戻してきました。

VOOは買付手数料無料です。

保有ETFの3月分配金

高配当ETFの感想

HDVのみ前年同期比でマイナスとなっています。

SPYDは順調ですが、前年は12月の分配金で超絶なマイナスをたたき出した前科があるので信用できません。

やはり、VYMが安定しています。
この3つの高配当ETFのうち、VYMのみ年間配当が、2020年、2021年と連続で増配となっています。

ただ、株価を見てみると、年初来で、HDVが5.63%のプラス、SPYDが3.68%のプラス、VYMが0.35%のマイナスとなっています。

VOOの概略

VOO=バンガード・S&P500 ETF(Vanguard 500 Index Fund ETF)

VOOは、米国株のうち主要な大型株500銘柄で構成されるS&P500指数に連動する投資成果を目標としています。

経費率は0.03(年率)と投資信託等と比べ、非常に安く設定されています。

VOOの利回りはだいたい1.5%程度です。

分配金は、年4回入金されます。(3月、6月、9月、12月)

2022年の運用方針

VOO、QQQの2021年のリターンは、どちらも約29%でした。
米国ETFの毎月の定期購入ですが、投資信託でレバナスを買っているのでQQQの購入は行わず、VOOのみ月初めに購入します。

高配当ETF(HDV、SPYD、VYM)については、売却も買い増しも行わず、配当をもらい続けようと思います。

NISA口座は、年初にSP500とNASDAQの投資信託を60万円づつ購入しました。

日本株

日本株については、2021年にほとんど処分しました。

もし暴落が来たら、次の3銘柄を買い戻ししたいと考えています。
8591オリックス・・・1600円以下(株主優待欲しい)
8031三井物産・・・1600円以下
9433KDDI・・・2800円以下(株主優待欲しい)

レバナス(投信)

「iFreeレバレッジ NASDAQ100」に追加投資を行いました。

投資額は783万円となりました。

現在の含み損は、約86万円(約11%)となっています。(泣)

3月の中旬には、最大240万円の含み損となっていましたがかなり回復しました。

3月中旬までの下げ相場ではがんばって追加投資しました。

現在は毎日1,000円の購入にとどめています。
含み損が無くなったら500円にします。

鬼ホールドは継続です。

スポンサーリンク

-投資
-, , ,

          

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

NTTドコモ(9437)の公開買付(TOB)に参加します

NTTドコモの公開買付(TOB)に参加することにしたので、手順を残したいと思います。 公開買付期間は9月30日から11月16日です。 最初はめんどくさいので、市場で売却しようと思いましたが、意外と市場 …

米国ETF VOO,VYM購入 2020/9/3

このところ、主力のVOOが順調に値上がりしてきているので、含み益が多くなってきています。 しかし、VOOは、9/4に-11.38(-3.46%)と久しぶりに大きく下がりました。 単なる調整ではなく、高 …

米国ETF QQQ,VOO購入 2021/5/3 クリエネ続落

4月は株が上がりやすいと聞いていたので、期待していましたが、上旬は順調でしたが、後半は足踏みしてしまいました。 5月はアノマリー的には下がりそうですが、どうなるでしょうか。 クリエネETFは、相変わら …

米国ETF VOO,VYM購入 2020/5/7

前年に買った米国ETFは、年内に売却してしまったため、今年から新規に米国ETFを購入することにしました。 今後は、売却せず定期的に購入する予定です。 SBI証券で1月からHDV,LQD,SPYDを円貨 …

米国ETF VOO,VYM購入 2020/12/3

主力のVOOの先月の動きですが、ほとんど一本調子に値上がりする展開でした。 SPYDですが、先月「来年中には30ドルを回復して欲しいところです。」と書きましたが、意外と簡単に30ドルを超えてきました。 …